アンテナ評価用電波暗室

アンテナ評価用電波暗室
特 徴
アンテナ評価の開発・設計用に。

 

  • シールドルームの内側に電波吸収体を取付けたマイクロ波電波暗室。
  • 小型から大型まで設計可能。小型の電波暗箱も製作可能。
  • アンテナの指向性・パターン測定・実効放射電力測定に対応。
  • ターンテーブル・ポジショナーなどの附帯設備も取り揃えております。
  • ご利用環境に合わせて性能設計可能。お客様のご要望にお応えいたします。
オプション
通信設備 TEL、LAN、インターホン、USB1.1、GP-IB、RS-232C など
防災設備 非常用照明、スピーカ、パトライト、ブザー、CO センサなど
空調設備 空調工事一式(空調用シールドハニカムなど)
信号取合口備 貫通スリーブ、コネクタパネル(各種同軸コネクタ)
ソフトウェアー アンテナパターンソフトウェアー
ポジショナー
光仕様
ターンテーブル:分解能0.1°・直径400mm
・回転速度0.4~8rpm・搭載許容荷重100Kg
ローテーションポジショナ:分解能0.1°
・回転速度0.25~2.5rpm
試験台 木製試験台 必要寸法に合わせ製作可能です。
その他 ITV カメラシステム、各種配管(エアー、水など)、
観測窓、焼付塗装シールドパネル仕様の変更など

※上記以外のオプションについてもお問い合わせください。

別途工事について
一次側工事 各ユーティリティへの一次側工事。
(電源、アース、火災報知器など)
火災報知器 火災報知器器具、一次側配線、器具取り付け動作試験など
書類手続き 各官公庁への書類手続き

 

標準仕様 J-MW型アンテナ評価用電波暗室
型式・寸法 W3,000×D7,000×H3,000mm(外寸)
性 能 シールド性能:30MHz~10GHz 80dB 以上 無響特性(代表例):1GHz/18dB 5GHz~/40dB 以上
自由空間
定在波比法
自由空間定在波比法とは、電波暗室のクワイエットゾーン内における無響特性を評価する方法で、
今日デファクトスタンダードとして広く一般的に行われている方法です。
電波暗室内では、直接波と各壁面からの反射波が干渉し定在波が発生しています。
受信アンテナをクワイエットゾーン内で移動させることで定在波の振幅を計測し、反射量を求めます。
この際、送受信に指向性を持つアンテナを使用することで、各壁面からの反射の量と到来方向を知ることができます。
定在波の測定は方位角、仰角方向に対して一定角度毎に行い、得られたワースト値を無響特性とします。
構成 構造 外部:電磁波シールドパネル 内部:電波吸収体 JSE-12
外装 ガルバリウム鋼板現し
内装 電波吸収体現し(一部保護板) 床面:長尺シート貼り仕上げ
ナイフエッジ片開 有効開口 W900×H2,000mm
換気口 W265×H265mm 2 面
コネクタパネル 鋼板 t3.2×W300×H300(孔開、メッキ付) N 型×2、SMA 型×2、貫通スリーブφ50×1 本
絶縁トランス 1φ100/100V 2kVA 2 台 (照明・コンセント用)
電源フィルター 1φ100V 20A 2 台 (照明・コンセント用)
電源フィルター DC24V 1A 4 台 (火災報知器用)
照明 白熱灯照明 ・10W 標示灯(使用中灯)
換気扇 30cm 給排気型換気扇
分電盤 分電盤(ブレーカー組込)
コンセント 2PE 付2 連コンセント 3 個所
電波吸収体 JSE-12 H=300mm 6 面貼付 床面1部歩行路

※上記仕様以外についてもお問い合わせください。

 

アンテナ評価用電波暗室の設置事例

関連事例はまだありません。

PAGE TOPPAGE TOP