シールドルーム 最新のエレクトニクスを支えるJSEのシールドルームテクノロジー

シールドルームについて

シールドルームとは、外部からの電磁波の侵入や、室内で発生した電磁波の漏洩を遮蔽する設備です。近年、携帯電話や地上デジタル放送などの無線環境の急速な進歩により、EMCへの関心は益々高まっております。特に産業分野においてシールドルームは必須の設備であり、使用目的、用途によりこれまで様々なご要望を求められてまいりました。
我々、日本シールドエンクロージャーは創業以来、そのご要望一つ一つに真剣に取り組み応えてまいりました。その積み重ねた実績と経験により、お客様に最適なシールドルームご提案いたします。

シールドルームの特徴

JSEのシールドルーム

JSEシールドルームの主要構成部材については全て日本国内で調達し、当社本社工場にて材料加工および製品製造を行っております。
主要構成部材については自社で内製することで、輸入製品では細部まで行き届かない、品質の確保および短納期の実現を、厳格な生産管理の中で実施しております。
また、当社独自のシールド扉やシールドパネルは、使用目的や要求性能に合わせて仕様変更や設計を致しますので、お客様のニーズに合わせたシールドルームのご提供が可能です。

パネル工法について

J-NP型シールドルームは、プレハブユニット構造(二重シールド)で短期間での組立が可能です。
引っ越しやレイアウト変更の際には、移設はもちろん、設置場所の条件に合わせて拡張や縮小も容易に変更可能です。
組立の際は、シールドルームを内側から組立ますので、設置容積を最大限に利用したシールドルームの導入が可能です。
J-NP型シールドルームは独立自立構造のため、設置場所建屋から補強をすること無く設置できます(但し、床面積で50uを超える設備については別途打ち合わせを要します)。

EMC設備として

J-NP型シールドルームでは各種EMC規格の測定が可能です。規格に合わせて最適な寸法、性能および附帯設備を準備し、ご要望に応じて各種オプションを取り揃えておりますので、最適な測定環境を実現できます。
その他、特殊な測定治具やオリジナルアイテムなども製作可能ですのでお問い合わせください。

  • 取り扱い製品
    • 電波暗室
    • シールドルーム
    • 電波暗箱/シールドボックス
    • 電波吸収体
  • 規格から見る取り扱い製品
  • 測定業務
  • 移設について
  • アフターメンテナンス

お問い合わせ

西日本

TEL:06-6998-7771

大阪本社

〒570-0043
大阪府守口市南寺方東通り4-12-22

東日本

TEL:03-5820-0540

東京営業所

〒111-0052
東京都台東区柳橋2-6-2-204